海外最新埋葬事情

4821c14f[1]180653aa[1] 海外の埋葬事情について気になる話題があり、ご紹介します。

イタリアの企業が「追憶の森」というプロジェクトを発表しました。写真の卵の様なもの、これが棺らしいです。ジャガイモのデンプン等で100%土に還る成分でできています。

この卵状カプセルに遺体をおさめ、土に埋めます。その上に苗木を植えます。これにより亡骸を養分とした樹木が育っていき、その数が増え、ながい年月をかけて「追憶の森」が成長していく、という内容です。私は墓石屋なので、お骨を土におさめる事に関してはしっくりときているのですが、有機物として亡骸を再生させるという、非常にリアルに「土(自然)に還る」埋葬方法だと思いました。

しかし、イタリア政府はまだこの埋葬方法に対して認可していないとのことです。たしかに、いろんな方面からのハードルがありそうです。日本でも近年は樹木葬や海への散骨等が話題になっていますが、これからも様々な選択肢が増えていくのでしょうか。供養の専門店を自負する田中家社員としては常に最大の関心事です。

fd0bffad[1]


カテゴリー: お墓を考える, ご供養   パーマリンク

コメントは受け付けていません。