世界の供養 インドネシア トラジャ族

6b07ff52[1] 57dcc3a4[1] 今日は、文化遺産にも指定され観光客まで集めているという、インドネシアの東部スラウェシ島のトラジャ族の葬儀・断崖絶壁にある墓地をご紹介します。

トラジャ族では誰かが亡くなると葬られるまでの期間、故人の復活を願ってその遺体を布などで巻いたりお棺に納めて仮に安置します。これは「もがり」と呼ばれるもので、仏教が広まる前の日本でもこの風習があったそうです。家族が故人と一定の期間同じ家の中で暮らし、故人のそばで寝食を共にします。故人をまだ病人として扱い、その復活を願うためでその期間は3ヶ月~中には3年に及ぶこともあるとのことです。

「もがり」の後、村人たちの手によって盛大な葬儀が行われます。葬儀は、数日間にわたり、いけにえの水牛の闘牛、踊り、歌、泣き女、参列者用架設2階建ての家屋、香典(水牛・豚など)の披露などが行なわれます。 これは、葬儀を盛大にすればするほど、死後に幸せになれると信じられているからです。

故人を送る葬送の儀礼が終わると遺体は墓地へと運ばれます。墓地は村を見下ろす山の岩壁をくり貫いて作られたトラジャ族特有の先祖代々の共同墓地で、そこには故人の生前の姿をかたどった人形がいくつも並べられています。神になった故人はここから村人たちを見守るのです。

a7ac0cf0[1]


カテゴリー: ご供養, 宗教の種類と知識 | コメントをどうぞ

四天王寺さんの支院にあたります

IMGP1086
こんにちは、工事担当です。

夕陽丘の真光院さんの境内で納骨供養塔を施工させて頂きました。2メートルを超える縦に長い上背ですが、五輪塔を象っていますので重厚感もあってとても良いデザインだと思います。

IMGP1091

左側の扉より納骨致します。
このような合同の納骨塔を施工させて頂く機会が増えました。それには色々な要因があるとは思いますが、ひとつは物理的に土地の問題があると思います。お墓はどこにでも建てられる訳ではありませんので、新たに墓地を求めるというのが難しくなっていると思います。ましてや大阪市内の都会でといえば尚のことでしょう。その分、個々にお持ちのお墓には価値があると思います。大事になさってください。
今回もいい工事ができました。ありがとうございました。


カテゴリー: 大阪市内の寺院・霊園, 寺院・霊園, 工事 | コメントをどうぞ

春ちゃん

最近、瓜破支店では白っぽいネコ(春菜ちゃん)をよく見かけます。夕方
パソコンをいじっていると、何か気配を感じるのです。振り向いてみると
写真のように春ちゃんが実にのんびりとくつろいでおりました。10分程度
でしたが仕事にお付き合いしていただきました。瓜破支店ならではですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA


カテゴリー: 動物・生き物 | コメントをどうぞ

季節の花

かなり早い時期での台風もすぎ
急に日中が暑くなりました

我が家の花達も季節通りに順番に咲いてくれます。
ハナミズキの次はつつじです。今年もまん丸に花を
つけてくれました。白い花のつつじの木なんですが
毎年いくつか赤い花がまじって咲きます、、不思議です
そしてシャクヤクです。冬は全く何もなく春に芽をだし
ぐんぐん大きくなって毎年いくつかの花を咲かしてくれます。
宿根の花は本当にたのしみです。

DSC_0011

DSC_0146

去年からプランターにイチゴ3株ほどうえています
以外にちゃんと実をつけ朝水やりの時につまんでいます。
イチゴ狩りにはほどとおいですがイチゴつまみぐらいにはなります。

 

FB_IMG_1431637339956

 

 


カテゴリー: お花 | コメントをどうぞ

お薦め実話映画

前回から少し日にちが有りましたが今回も実話映画を紹介したいと思います。
『遠い空の向こうに』というアメリカの高校生4人組のロケットの製作の話になります。
1957年10月ソ連から打ち上げられた人類初の人工衛星を見たアメリカ合衆国、ウエスト・ヴァージニアの小さな炭坑の町の高校生4人が、ロケット作りに挑戦する。
ロケット作りを通して、時にはぶつかり、また励まされながら成長していく過程を描く映画です。
主人公の1人であるホーマー・H・ヒッカムJr(元・NASA技術者)による実話を元に製作されこの作品中でホーマーが参加したコンテストは、インテル国際学生科学フェアとして現在も行われています。
高校生4人が夢に向かって真っすぐ走っていく、周囲の目など一切気にせずに進んでいく姿がすごく感動しました。
次回はとっておきの実話映画を紹介します。(少し怖いですよ。)


カテゴリー: テレビ・映画 | コメントをどうぞ

世間は狭いです

皆様 こんにちは
朝夕は、少しひんやりとしますが今が一番過ごしやすい季節ですね。
昨日、藤井寺の”おはこ”という居酒屋で
前の会社のメンバー11人集合しました。

今回きっかけとなりましたのは、旦那様が仕事の関係でアメリカ暮らしをしていて、
ゴールデンウィークにかけて一時帰国して来ているのでみんな集まろうと
幹事さんが、今回の場を設けてくれました。

基本アメリカは、無痛分娩での出産が普通で、看護師さんと旦那様が
それぞれ一本ずつ足を引っ張り押した瞬間、力んで楽々出産したという、
とてもリアルな話を聞かせてくれました。

72歳でまだ現役の人、ガンで大手術をし完治し仕事に復帰した人、
子育て真っ最中の人、お仕事で名古屋、東京に引っ越しした人、
様々でしたが、みんな頑張っていて、輝いて見えました。

話の中で奈良の全優石指定の石材店に嫁ぎ、仕事も手伝っていて、
以前弊社の本部長と名刺交換を交わしていたことがわかり、世間て狭いなあと感じました。

お料理もコース料理とお鍋で食べきれない程の品数で話に夢中になりすぎて
残念なことに写真を撮るのも忘れてしまいました。

次回は、今回来れなかった人も誘いお盆くらいにまた集まりましょうと
記念撮影をして別れました。
とても楽しい時間を過ごせて、お世話して頂いた幹事さんに感謝でした。


カテゴリー: 生活・日常 | コメントをどうぞ

いつか出演します

こんにちは。

春がなく一気に初夏になったような暖かさですね。

先日インターナショナル女子会が設立1周年を
迎えました。
メンバーは総勢30人程と1年で10倍になりました。
その記念と併せて初の試みで旦那さん・彼氏さんも
同伴OKのパーティーを大阪高槻で開催しました。

今回はポットラックパーティーという
旦那さん・彼氏さんの国の料理を一人一品以上持ち寄ると
いう事と20人分のお料理という事で何を作ろうかと
皆様困っていた様ですが集めてみるとなかなかの大量。
食べたことのない料理が沢山ありました。
食べきれなかった分はみんなで持って帰って
残さず頂きました。どれも本当に美味しかったです。

今回はテレビ局の取材も兼ねていて
『世界の日本人妻は見た!』のデレクターさんが来られました。
自宅取材を希望してはったのですがどこの家庭も都合がつかず
パーティーの参加でした。
一瞬の事だったので誰にも気づかれていないとは思いますが
後日番組放送時に写真だけでしたがテレビ出演?させて頂きました。

1431156197970 1431156175627  1431156151065


カテゴリー: 家族・友だち, 食べ物 | コメントをどうぞ

優雅な時間

昨日、社長のお計らいによりクラシックチャリティーコンサートに行ってきました。中之島中央公会堂での開演で、テノール歌手の加藤ヒロユキ氏の素敵な歌とトーク、バイオリニストの方々の素晴らしい演奏であっという間の1時間30分でした。クラシックなのでもし途中で眠くなったらどうしよう…なんて心配は不要で、難しい曲ではなく映画音楽やCMでお馴染みのイタリア曲など、トークと歌のギャップも楽しみつつ時間を忘れてしまいました。
たまにはこんな優雅な時間を過ごすのも大切ですね。

帰りはまたまた予約して頂いたスペイン料理をご馳走になり、美味しいお料理を社長他5人の女性で完食致しました。
社長、有難うございました。
素敵な演奏の写真はないのですが・・・。

1430877762959 1430877719618 1430877662983 1430877643480


カテゴリー: 人物・有名人, 食べ物 | コメントをどうぞ

500才まで生きられる!?

1才は30×30×30(㎝)という石の容量単位は業界に入った時にまず教えられます。大阪の標準的な墓石のサイズが8~9才なので、500才というと ではなく、グーグルの投資部門が「人間は500才まで生きることが可能だ」と発表しました。

「生命科学には大胆に描かれた構想を実現するツールがあります。私は死ななくても済むようになるまで長生きしたいですね」グーグル代表ビル・マリス

「死を治す」グーグル共同設立者セルゲイ・ブリン

さらに、「1,000歳まで生きる最初の人間は既に生まれている。こうした長寿は遺伝子工学で人体の細胞を処理し、加齢を避けることで実現される」イギリスの学者オーブリー・デグレイ  真偽は定かではありませんが、なにかで「科学者に道徳的な判断は実質不可能で、できる技術をしていないということはありえない」と聞いたことがあるので既に200才くらいの人はいてるかもしれません。

ほかにも現在盛んな研究としては「脳」をロボットへ移植するとか、脳の情報をコンピューターへアップデートするとかもう、なにか大事な~等ゴリゴリなぎ倒して進んでいるようです。

個人的には、長生きしたいと思っています。


カテゴリー: 健康, 生活・日常 | コメントをどうぞ

玄人は瞠目

IMGP1082

IMGP1084
こんにちは、工事担当です。
谷町の寺院墓地での墓石建立ですが、今回は普通の墓石とはちょっと違って「純石組工法」というものです。他より優れた品物とは二通りあると思います。革新的なアイデアや技法によって今まで無かったものを作り出すというものと、既存のものの品質、精度を高めて他より勝るものを作るというもの。今回のこの「純石組工法」が後者にあたります。香川の伝統工芸士、白井氏の手によるものですが、簡単に言うと石同士の凹凸にはめ込んでいくという昔からある仕組みで特に斬新なアイデアがあるわけではありません。しかしその精度が違います。石と石がピタリと合うんです。石のプロ程この精度に驚くでしょう。同じ仕組みのものはどこででも作れると思いますが、彼にしかこの精度は出せないと思います。正に匠の技。ちょっとしたズレでもおさまらないので施工にもとても神経を使います。京都大学での耐震実験に何度も立会いました。試行錯誤を重ねていました。僕なら心が折れていたでしょう。(笑)そういった上での製品実現なので感慨深いものがあります。


カテゴリー: 大阪市内の寺院・霊園, 寺院・霊園, 工事, 石の話 | コメントをどうぞ