地蔵盆の思い出

20150822_195403 昨日は地蔵盆でした。お子さんがお菓子咥えて走り回り、楽しいながらもふと次の季節を感じる行事です。

私は小さいころお寺で育ったので、境内の地蔵盆を毎年手伝っていました。手伝うといっても、町内の皆様から供えられたお菓子を各家にお配りして回るというものですが、すべてはお菓子目当てです。毎年楽しみにしていました。

今、家族ができ、このお仕事をしていて思うのですが行事や法事で「子供が楽しみ」というのは親も楽しくなるしありがたいなあと思います。お子さんが行きたくなるお墓参りがあれば、ご先祖様もお墓を購入する方にも喜ばれるかなあと思ったりします。

実はあります!「はびきの中央霊園」です。お盆中は霊園の中に屋台や出店、またキュウリやナスでご先祖様の乗る馬を作る体験ができたりと、お子さんが楽しめるお墓参りを企画されています。 子供から「お墓参り行こー」といわれる、いいですねー。


カテゴリー: お墓を考える, 大阪府内の寺院・霊園, 生活・日常 | コメントをどうぞ

工事再開です

こんにちは、工事担当です。
お盆も終わって暑さのピークは過ぎましたね。日が沈む時間もだんだん早くなって少し寂しいです。例年通り17日から20日までの4日間、夏休みを頂きました。夏場の作業で軋み廃れた体に休みの間ずっと潤滑油を注いでいましたので、さぞかし体は回復していることでしょう。
何か胃腸が優れないような顔がむくんでるような気がしますが、きっと気のせいでしょう。さあ、今日からまた頑張ります。


カテゴリー: 生活・日常 | コメントをどうぞ

夏の風物詩

みなさんこんにちは。先日 大阪市内の臨南寺様で「万灯会」が開かれ、お手伝いをさせていただく機会がありました。「万灯会」とは、辞書によると「多くの灯明をともして仏・菩薩を供養し、衆人の罪障を懺悔し、滅罪を祈願する法会」とあります。この日は特に午後6時から8時頃がお参りの方が来られるピークで、夏の風物詩となっているようにも思われました。

143962700714914396269501331439626840908

翌日、撤収作業をしている最中にこんな風景を目にしましたが・・・

1439767789607

これ、なにかわかります?

正解は、園内の植え込みの上に並べられたセミの抜け殻でした。

マメな方もいらっしゃるものだと感じながらも、これもひとつの夏の終わりの風物詩だなと思いました。

 

 


カテゴリー: 大阪市内の寺院・霊園 | コメントをどうぞ

緑のカーテン

皆様こんにちは。
先日、友達にパッションフルーツの苗をもらいました。

つる植物なので這わせる網も用意してくれました。
みるみるうちにどんどん大きくなり、駐車場の天井まで伸びています。

果実は、種を含む半透明の仮種皮がゼリー状で甘酸っぱくタネも食べれます。
β-カロチンが豊富で血流を良くする効果があるといわれるナイアシンも含まれます。

花が咲いた時に、必ず受粉してあげてよと言われてたのになかなか、
そのタイミングがわかりにく、一つたけ実がなりました。
未だ実は葉っぱと同様青々としているので大事に少しそのままにしています。
どんな味か楽しみです。

来年は、ゴーヤに挑戦してみようかな?__


カテゴリー: 趣味・スポーツ | コメントをどうぞ

実は祝勝会なんです。

こんにちは。

35度を超える猛暑日が続いていますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?
そんな中我が家は今年もエアコンを
まだ購入していません。
家にはほとんどいないし、夜温度計を見たら
27度くらいにしかならない為、扇風機で
十分なんです。

先日、お友達と一緒にハルカスの14階にある
ハワイアンカフェに行って来ました。
店内はハワイのレストランを
再現しているかの様な極寒だったので
ニョッキのトマトソースグラタンを
はふはふいいながら食べ、まだ食べれるって
話になりベリーのパンケーキまで注文して
ペロっと食べつくしました。
美味しかった。

1438921656775

 

 

 

 

極寒も暑すぎもぐったりしますよね。
早く秋になってくれればと思います。


カテゴリー: 食べ物 | コメントをどうぞ

その名は永遠に

先日お客様から「お墓の文字はどれくらい残るのか」と質問をいただき、とっさに「ずっとです」と答えたのですが、さすがにザックリ過ぎると反省しました。201581

古い文字彫刻といえば大英博物館に所蔵されているロゼッタストーン、約2200年前に「新たな王プトレマイオスを崇拝しよう」と刻まれているらしく、その名は遥か未来まで残ります。

石は花崗閃緑岩という部類、これは墓石でも庵治石等、現在も多く墓石として使用されています。やはりよい石は歴史が証明しています。

最近話題になったものでは、これは粘土板なのですが、3700年前のメソポタミア文明の文字を解読すると、「金返せ」だったというもので、苦労した研究者も気抜けしたらしいです。

最古の石器は260万年前のものがあるらしく、260万年といわれてもピンときません。結局は「ずっと残る」が正解。


カテゴリー: お墓を考える, 石の話 | コメントをどうぞ

ズボンやヘルメットのタイプもあるようです

IMGP1128

こんにちは、工事担当です。

雨の多かった梅雨も明けて、いよいよ夏本番となりました。この夏も暑くなりそうです。そんな猛暑の中をミシュランマンのようなモコモコした男がはつらつと作業をしています。工事部きっての実力派の彼によると、過酷な夏を乗り切る秘密兵器「空調服」なるものらしいです。両の腰に付いた扇風機が服の中に風を送るという一見単純なものの様に見えますが、これがなかなか理に適った代物なのです。服が膨らむ事によって暑い外気とに空気の層ができ、取り込んだ風が襟や袖から流れ出る。ずっとそよ風にさらされているという感じでしょうか。そして汗をかくとその気化熱でさらに涼しく感じるという、一石で二鳥も三鳥も得る事のできる物のようです。

着ていない者からすると、横に来られるとそのモーター音が暑苦しいのですが、彼曰く「まるで涼しげな風鈴の音」のように感じるのだそうです。(笑)涼しすぎて、風邪をひいたらどうしようかと心配していました。(バカ)


カテゴリー: 工事, 生活・日常 | コメントをどうぞ

威厳を感じます。

みなさん こんにちは。

先日お客様の納骨式をお手伝いさせていただくために大阪市天王寺区にある寺院へ伺いました。

都会のド真ん中にある立派な寺院です。

何気なく墓地の中を歩いていると、多くのお墓がある中で、黒く色の変わった墓石がある一角に気付きます。

聞くと、これらは第二次世界大戦の戦火(大阪大空襲)をくぐり抜けてきたお墓とのこと。

そんな歴史を聞くと、「よく頑張って残りましたね。」と声を掛けたくなると同時に、それらのお墓に対し とてつもない威厳を感じました。

8月になると終戦についてのテレビ番組も多くなりますが、こんなところにも「戦争の歴史」を垣間見ることができます。

 


カテゴリー: 大阪市内の寺院・霊園, 寺院・霊園 | コメントをどうぞ

もう少し頑張ります

皆様こんにちは
毎日暑い日が続きますが、冷たい物を食べ過ぎていませんか?

我が家の冷蔵庫は、16年目でかなり頑張っています。

壊れたわけではないのですが、冷蔵部分の所どころ凍る現象が
起きてきています。

なのでもう寿命かな??と電気屋さんに聞いてみると

すぐに壊れるかどうかわからないけど今の冷蔵庫は、
かなり省エネにできてて何も詰め込んでない状態で
年間6,000円弱しか掛からないですよと説明を受けました。

2階が、台所なのでリフトでの吊り上げになるので
なかなか決断できませんでしたが、思い切って冷蔵庫を
購入することにしました。

前回のブログで松原のプレミアム商品券で電動自転車を買いますと
宣言致しましたが、冷蔵庫に急遽変更…。
足の筋肉が劣らないためにも電動ではなくもう少し自力で頑張ります。


カテゴリー: 生活・日常 | コメントをどうぞ

もうすぐお盆

私も田中家に入社して8か月が経過しようとしています。春のお彼岸もかなり忙しかったのですが、もうすぐお盆が来ます。
社員の方々に聞くとお盆は色々と行事が多く、お彼岸以上に忙しいとの事・・・。
弊社の向いには南霊園もありますし、瓜破支店の向いには瓜破霊園もあり、お花の販売などで慌ただしくなります。
今のうちに、夏バテせぬように睡眠・食事をしっかりとってお盆を乗り越えようと思います。(少し楽しみでもあります。)


カテゴリー: ご供養 | コメントをどうぞ